膝の痛み

膝の症状

  • 膝の痛みで歩けない
  • 膝に水が溜まる、膝が変形している
  • 股関節がうまく曲がらない
  • 膝痛で正座できない
  • 1歩ごとに膝が痛む
  • 膝から力が抜けることがある
  • 膝をまっすぐ保てず、ガクっと折れてしまう
  • 膝が曲がらない
  • 膝をまっすぐ伸ばし切れない
  • 膝が不安定で階段昇降が怖い
  • 運動すると膝痛が起こり、少し休むと治まる
  • 膝の皿の下にある骨が出っ張っている など

膝の痛みを起こす主な疾患

変形性膝関節症

車いす膝関節の軟骨が加齢ですり減ってしまい、骨に直接体重がかかることで激しい痛みや炎症、骨の変形などを起こす疾患です。加齢に肥満や外傷、筋力低下、遺伝などの要素が関与して発症・進行します。悪化すると歩行が困難になってしまうため、早期に治療を受けてください。症状に気付いたらできるだけ早くご相談ください。

主な症状

早期には、階段の昇降や起立した際に膝の痛みを感じます。進行すると平地を歩いても痛みが生じ、膝の腫れ、だるさ、正座できない、和式トイレが使えない、痛みで歩行できないなどの症状を起こします。

膝前十字靱帯(ACL)損傷

膝をおさえている男性前十字靱帯は膝関節の中にあって、大腿骨と脛骨を結んでいるとても強靱な靱帯です。スポーツや事故などによって前十字靱帯が損傷されると、膝が不安定になりさまざまな動作で不具合を生じます。発症のタイミングは、ジャンプ後の着地で膝をひねる、過度な膝の曲げ伸ばしなどがあります。靱帯は切れてしまうと修復が難しく、手術が必要になるケースもあります。

主な症状

膝がぐらつく、膝の力が抜ける、膝の角度を保てずガクッとなる、膝の内部に痛みがあるなどを起こします。

膝半月板損傷

膝をおさえている女性膝半月は、膝関節内の大腿骨と脛骨の間にある軟骨の板で、内側と外側にあります。急激な力がかかると大腿骨と脛骨に挟まれて半月がダメージを受けることがあり、これが膝半月板損傷です。

主な症状

膝の痛みや引っかかり、膝が十分に曲がらなくなる、完全に伸ばせないなど。

オスグッド・シュラッター病

サッカーをしている小学生男児膝を使い過ぎることで膝の下にある脛骨粗面が隆起して、痛みや腫れを起こす疾患で、スポーツに熱中している小中学生に起こりやすい傾向があります。成長期の子どもは軟骨が多くて弱く、スポーツによって繰り返し引っ張られて軟骨が剥がれ、痛みや腫れを起こしています。

早期にしっかり安静を保つことで治すことができますが、安静を保てない場合や、放置してしまうと装具療法や手術などが必要になり、治るまでにかなりの時間がかかってしまいます。できるだけ早くご相談ください。

主な症状

初期症状として運動時に膝痛が生じ、少し休むと回復するというのがありますので、この時点で整形外科を受診されるようおすすめしています。進行すると、膝の皿の下骨が出っ張ってしまう、膝の皿の下周辺が赤く腫れる、膝に熱感や痛みを起こすといった症状を起こします。

keyboard_arrow_up