肩の痛み

肩の症状

  • 慢性的にひどい肩こりがある
  • 腕が上がらない
  • 肩関節を動かしにくい
  • 安静にしていても肩や腕が痛む
  • 就寝中に肩の痛みで目覚めることがある
  • 服の着脱で肩が痛む
  • 腕が上がらず、高い場所にあるものが取れない
  • ちょっとした動作で肩が脱臼する
  • 肩から背中にかけて広範囲に痛みがある
  • 急に肩を動かすと痛むようになった など

肩の症状を引き起こす主な疾患

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)40~50代の頃によく起こることから四十肩・五十肩と呼ばれています。肩の痛みや腕の可動域制限を起こす肩の関節疾患の総称であり、医学的には肩関節周囲炎と呼ばれます。

主な症状

腕を上げられない、腕を上げると肩に痛みが起こる、安静にしていても肩が痛い、就寝中に肩の痛みで目覚めてしまう、衣類の着脱やシャンプーなど日常生活に支障が生じます。

肩関節前方不安定症

肩関節前方不安定症肩関節が前方への脱臼を繰り返す状態で、脱臼しそうになる亜脱臼を頻繁に起こす場合も含みます。衣類の着脱など、日常的な動作でも脱臼や亜脱臼を起こし、痛みを生じるため、生活の質を大きく下げてしまいます。 触診や徒手検査で不安定性を確認し、X線検査で骨の異常の有無を確認します。

主な症状

肩関節がすぐ外れてしまう、すぐ外れそうになる。衣服の着脱や入浴時に腕を背中に回すなど日常的な動作でも脱臼や亜脱臼を起こす。就寝時に寝返りで脱臼や亜脱臼を起こして目が覚めてしまうなどの症状が挙げられます。

肩腱板断裂

肩腱板断裂肩関節周辺にある腱板は棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋で構成されています。この腱板が切れてしまうことで、腕が上がらなくなり、痛みが生じます。急激な肩への負荷によって生じることが多いのですが、ちょっとしたケガやオーバーユースで発症することもあります。四十肩・五十肩で受診して肩腱板断裂が発見されることもあります。

主な症状

腕が上がらない、背中に手を回す・高い場所のものを取ろうとすると肩に痛みが起こる、就寝中に肩の痛みで目覚めるなどの症状があります。

肩石灰腱炎

肩石灰腱炎肩関節周辺にある腱板に炭酸アパタイトという石灰が沈着する疾患で、40~50代の女性の発症が多くなっています。腱板に石灰が沈着する原因はよくわかっていません。

主な症状

肩を動かした際に突然激しい肩の痛みが生じます。痛みで腕を動かしたり、上げたりすることができなくなります。シャンプー、ブラッシングやヘアセット、洗濯物を干すといった日常的な動作にも支障が生じます。

keyboard_arrow_up