ぎっくり腰

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは

重いものを持ち上げる、中腰になる、腰をひねるなどの動作をきっかけにして腰に激しい痛みが起こることをぎっくり腰といいます。歩くことができないほど強い痛みを起こすこともあります。

急性腰痛症や腰椎捻挫と呼ばれることもありますが、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間関節症などの症状として起こっていることもあります。また、圧迫骨折など深刻な状態になっている場合もあります。動けるようになったら、早めにご相談ください。

ぎっくり腰の症状

立っていられないほど激しい腰痛を起こします。動作をきっかけに突然生じ、動こうとするとさらに強い痛みに襲われます。少し痛みが和らぐ姿勢やポーズがありますので、ゆっくり楽な姿勢を探してください。

こうした強い痛みは数日から数週間続きます。また、軽い痛みや違和感が数か月残ることもあります。

ぎっくり腰の原因

腰には絶えず大きな負担がかかっていますが、特に中腰は体重の1.5倍という強い負荷を腰にかけます。また、急激な動作は、準備のできていない組織に大きな負荷が加わります。こうした負荷によって腰にある腰椎、椎間板、筋肉、靱帯、関節などが損傷を受けて発症することが多くなっています。


腰椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間関節症などの疾患によって生じることもあり、腰が突然激しい痛みを起こすという症状は腰椎圧迫骨折でも起こります。また、疾患によるものではない場合も、ぎっくり腰は繰り返しやすい傾向があり、再発予防にはトレーニングなどの適切な運動療法も不可欠です。

当院では、理学療法士・柔道整復師などの有国家資格者が無理のないトレーニングをはじめとした指導を丁寧に行っています。数日で症状が治まった場合でも、繰り返して日常生活に大きな支障を生じさせないために、早めに整形外科を受診してください。

ぎっくり腰の診断と治療

まずは安静を保ってください

無理に動くと損傷が悪化する恐れがありますので、安静を保ってください。慎重に動いて楽な姿勢を探し、できるだけ動かないようにしてください。腫れている場合は冷やすと痛みが緩和し、浮腫の拡大予防にもつながります。

受診

痛みがある程度引いて、動けるようになったら整形外科を受診してください。当院では、腰椎疾患などの有無を確かめることができ、残った痛みを効果的に解消するための消炎鎮痛剤(NSAIDs)や筋弛緩薬などの処方も可能です。

また、繰り返し再発するのを防ぐための運動やストレッチ、日常生活への注意などの丁寧なご指導も含めたトータルな治療を行っています。

早い受診が必要な症状

  • 排尿困難・排尿障害がある
  • 発熱している
  • 下肢にしびれがある
  • 安静にしているのに痛みが強くなる
  • 胸などにも痛みがある
  • 最近、大きなケガや事故に遭った
  • ステロイドや免疫抑制剤による治療を受けている

など、上記のような症状がある場合には、できるだけ早い受診が必要です。

keyboard_arrow_up