肘の痛み

肘の症状

  • 肘関節の痛み
  • 肘の違和感やしびれ、疼き
  • 肘の外側から上腕にかけての痛み
  • 肘を動かすと引っかかる感触がある
  • 肘が固まってしまい、動かそうとすると激痛を起こす など

肘関節の痛みを起こす主な疾患

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)テニス選手の発症が多かったためテニス肘と呼ばれていますが、重いフライパンを扱う料理人なども同じ筋肉を酷使するため、上腕骨外側上顆炎の発症リスクが高くなります。 痛みが起こるのは肘の外側から上腕にかけてであり、手首を曲げた際には痛みを起こさず、手首を伸ばした際に痛みが生じます。

主な症状

テニスではバックハンドの際の痛みで気付くケースが多いです。また、雑巾を絞る動作でも痛みを起こします。鈍い疼痛が続き、しびれなどを感じるケースもあります。

野球肘

野球肘投球の動作を繰り返すことで、肘に過度な負担がかかって疲労が蓄積し、肘に痛みを生じます。フォームの癖などによって、肘の内側、外側、後ろ側など異なる部位に障害を起こします。

内側型

肘関節が何度も外反ストレスを受けることで尺側側副靱帯がゆるんで、不安定になります。

外側型

肘外側の上腕骨側にある軟骨と骨が剥がれている状態です。

後方型

上腕骨後方にある肘頭窩に過度な負担がかかり、疲労骨折や骨棘(とげ状の骨)形成が生じています。

変形性肘関節症

変形性肘関節症肘関節に大きな負担がかかり、それが積み重なることで肘関節の軟骨のすり減りや、骨の変形を起こして痛みなどの症状を引き起こします。以前、骨折や脱臼、関節炎、野球肘などを経験していると、変形性肘関節症を発症しやすい傾向があります。

主な症状

肘を動かすと痛みが強くなりますが、安静を保っていると痛みが軽減します。動かそうとした際に激痛が走ることもあります。可動域が狭くなって肘を動かしにくくなり、悪化するとある角度で肘が固まって動かなくなるロッキングを起こすこともあります。

keyboard_arrow_up