腰の痛み

腰の症状

  • 突然、腰に激しい痛みが生じた
  • 腰や足に痛みやしびれがある
  • 腰が重く、だるい
  • 腰を曲げる・反ると痛い
  • 腰痛で動けない
  • 痛み・しびれのためにうまく歩けない
  • 長く歩いていると、お尻から足にかけて痛みやしびれが起こる
  • 足がすぐ重くなり、だるい
  • 背中から腰にかけての強い痛みがある
  • 寝返りなどで目覚めるほどの痛みが起こる など

腰の症状を起こす主な疾患

ぎっくり腰(急性腰痛症)

ストレッチをしている女性重いものを持ち上げる、腰をひねるなどをきっかけに、腰に突然激しい痛みが生じる疾患の総称です。医学的には急性腰痛症と呼ばれ、立っているのも困難なくらい痛みます。急性期には安静を保つことが重要であり、症状が落ち着いてきたら物理療法や運動療法を行って症状の改善や再発の予防につなげます。

また、中腰を避ける・運動前にはストレッチをするなど生活習慣を見直すことも再発防止になります。当院では、生活習慣に関するアドバイスもしております。

主な症状

突然、腰に激しい痛みが起こります。多くは重いものを持ち上げる、腰をひねるなどのきっかけによって生じます。腰の痛みで歩行もままならなくなりますが、安静を保っていると多くは1週間程度で改善に向かいます。再発しやすいため、しっかり治すことが重要です。

腰部脊柱管狭窄症

首をおさえている女性背骨の中には脊髄が通る脊柱管というトンネル状の管があります。背骨の変形や椎間板の脱出等によって脊柱管が狭くなってしまうと脊髄が圧迫されて、痛みやしびれなどを起こします。

主な症状

臀部や足の痛みやしびれ、排尿障害・排便障害、足先が冷える・足が火照るといった症状を起こします。特徴的な症状には、間欠性跛行があります。これはしばらく歩くと、足の痛みなどを起こして歩けなくなり、少し休むと回復して歩けるようになる症状です。

腰椎変性すべり症

妊婦さん椎間板などが変形やゆるみを起こして腰椎がずれ、脊髄や神経根を圧迫して痛みやしびれを起こします。はっきりとした原因はわかっていませんが、加齢の他に肥満や出産も発症に関与していると考えられています。

主な症状

足腰の痛みやしびれ、歩きにくさ、長時間歩行した際の臀部や足にかけての痛みなどを生じます。

腰椎椎間板ヘルニア

太もも裏をおさえている男性腰椎の間でクッションの役割を果たす椎間板が飛び出してしまっている状態です。飛び出した椎間板が周囲の神経を圧迫すると腰や足の痛みやしびれを引き起こします。お尻から脚の裏側にかけての痛みや腫れを起こす坐骨神経痛も腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状です。

主な症状

腰痛、お尻から脚の裏側にかけての痛みや腫れ、腰をひねる・重みをかけると痛みやしびれが強まります。

keyboard_arrow_up