交通事故・労災

交通事故に遭ってしまったら

交通事故に遭ってしまったら

その時は「大丈夫」と思っても、できるだけ早く整形外科を受診してください。交通事故は、予期しないタイミングで激しい衝撃を受け、日常ではあり得ないケガを生じます。

当日は神経の興奮などで軽い症状には気付きにくく、数日後に症状が現れて日を追うごとに強くなり、不快な症状が長く残ってしまうことも少なくありません。

主な症状

主な症状
  • 痛み(首・背中・腰・肩・手足など)
  • 首・腰・手足を動かしにくい、動かせない方向がある
  • 手足に力が入らない、力を入れにくい
  • 手足にしびれがある
  • 頭痛・吐き気・めまい
  • 睡眠障害・記憶力低下

上記のような症状がない場合も、警察や保険会社に連絡した後に、できるだけ早く整形外科を受診してください。

整形外科で交通事故治療を受けるメリット

1. 医学的根拠に基づいた診療

 医学的根拠に基づいた診療整形外科では、X線検査などによって骨や腱などの状態をはっきりと調べることができます。当院では、大学病院や基幹病院で整形外科の研鑽を積んできた整形外科専門医が医学的根拠に基づいた診療を行っています。可能性が低い場合も、最初に骨の損傷など重大な障害の有無を確かめておくことはとても重要です。

整骨院や接骨院では検査・診察・治療はできず、基本的には施術を受ける場所のため、重大な骨や腱の異常を発見できない可能性があります。

2. 痛みのできるだけ早い緩和

痛みのできるだけ早い緩和痛みはつらい症状であるだけでなく、痛みがあることで周囲が緊張して血行が悪くなり治癒にも悪い影響を与える可能性があります。また、痛む部位をかばうことで他の部分に負荷がかかり、症状が広がってしまうこともあります。

当院では、痛みの強い場合に、効果的な薬物療法や神経ブロック注射などを組み合わせて、より早く、そして的確に痛みを緩和できるようにしています。

3. 理学療法士など有国家資格者によるリハビリテーション

理学療法士など有国家資格者によるリハビリテーション当院のリハビリテーション科には、理学療法士・柔道整復師などの国家資格を持った専門のスタッフが在籍しています。理学療法士は、医師の指導の下で医学的根拠に基づいた運動器リハビリテーションを行うことができます。

整骨院や接骨院でも柔道整復師による施術は受けられますが、骨・筋肉・靱帯・関節・軟骨・神経などの運動器リハビリテーションを行うことができるのは理学療法士だけです。

4. 後遺症認定に必要な「後遺障害診断書」の発行可能

後遺症認定に必要な「後遺障害診断書」の発行可能医療機関ですから、後遺障害の認定に不可欠な「後遺障害診断書」の発行が可能です。後遺症が残ったことを前提に行う加害者や保険会社との慰謝料をはじめとした示談交渉には、「後遺障害診断書」による等級認定の申請が必要です。

なお、第三者請求の手続きをされた場合には、医療機関でも「後遺障害診断書」の発行はできません。

治療の流れ

交通事故で受けた損傷や不調は、できるだけ早く整形外科で検査と診断を受け、適切な治療を受けることで、より早い解消や症状の慢性化を防ぐことができる可能性が高くなります。交通事故治療はほとんどのケースで治療費全てを自賠責保険でまかなえます。

1ご来院

ご来院最初に警察に連絡し、次に保険会社に連絡してから、当院を受診してください。連絡などについてわからないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

交通事故は、原則として加害者が治療費用を負担します。そのために自賠責保険があり、基本的に加害者側の自賠責保険で治療費用がまかなわれます。

なお、事故の相手がわからない・逃げたなどの場合には、第三者請求という救済措置があり、その利用にはご自分が加入している健康保険組合に問い合わせる必要があります。

2問診・検査・診断・治療のご説明

問診・検査・診断・治療のご説明お身体に起きた不調の内容だけでなく、加わった力や衝撃の大きさ、方向などを確認するため事故の状況などについても丁寧にうかがいます。必要とされる検査を行った上で整形外科専門医が診断し、治療についてわかりやすく説明してから治療方針を患者様と決めていきます。

重要なのは、日常生活に支障を及ぼすつらい症状をできるだけ早く緩和させ、原因にアプローチした治療を受けて悪化を防ぐことです。

3治療

治療痛みや炎症などを和らげるために、状態に合わせた薬物療法を行います。また、より早い症状緩和のために、当院では理学療法士がマンツーマンで細かいリハビリテーションを行っています。

3治療終了

治療終了治療を続けて痛み・しびれ・動かしにくさといった症状が緩和し、日常生活に支障がない状態になった段階で治療は終了となります。

労災で受診する際の注意点

労災で受診する際の注意点勤務している会社でまずは指定の書類を受け取ってください。その書類に必要事項を記入し、当院を受診する際にお持ちください。労働災害の申請手続きに必要な書類がない場合には、書類提出までは治療費用を自費でお支払いいただく必要があります。

keyboard_arrow_up